生活アイテム

赤ちゃん育てるならウォーターサーバーを絶対利用すべき4つの理由

赤ちゃん生まれるならウォーターサーバを絶対利用すべき4つの理由 (1)
悩み人

もうすぐ赤ちゃん生まれるから色々準備しなくちゃ

今回はもうすぐ赤ちゃんが生まれる方に絶対利用してほしいアイテム「ウォーターサーバー」の魅力について紹介したいと思います。私も一児のパパで、子育てを経験しており、ウォーターサーバの有難さがわかりました。私が実際にウォーターサーバを利用して感じた、

  • 赤ちゃんを育てるためにはウォーターサーバーが必須な理由
    メリット/デメリット
    ウォーターサーバーサービスの選び方

をご説明いたいます。

この記事はこんな方に読んでほしい
  • もうすぐ赤ちゃん生まれるけど、ウォーターサーバーを利用するか悩んでいる
この記事からわかること
  • 子育て世帯がウォーターサーバーを絶対利用すべき理由がわかります
らいし

私達夫婦で赤ちゃんを育てていた時、ウォーターサーバーのおかげでとてもミルク作りが楽になりました

赤ちゃんを育てるためにはウォーターサーバーは必須

ウォーターサーバーは毎日、昼夜問わずやらなくてはならないミルク作りに必須です。

子育てを経験したことない人はミルク作りがどれだけ大変な作業かなかなかすぐには想像できないかもしれません。しかし、いざ赤ちゃんが生まれてからでは、足りなかった準備をする時間がないかもしれません。

そこで赤ちゃんを迎えるための必須準備としてウォーターサーバーの利用を推したいです。これがあるとミルク作りが格段に楽になります。

ミルク作り時のウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーがあるとミルク作りの際、次のようなメリットがあります。

  • 温度調整が簡単
  • 分量調整が簡単
  • すぐ作れる
  • 火傷しない

一つずつ解説していきます。

温度調整が簡単

ミルクは冷たすぎず、熱すぎず、常に適温で作る必要があります。ウォーターサーバーは水、お湯がいつも一定の温度で、それぞれ微妙に調整しながら哺乳瓶に注ぐことができるので、温度調整が簡単です。

ポットやコップから哺乳瓶にお湯を入れたりすると、温度の微調整が難しく、お湯を入れ過ぎて、熱すぎなことが頻繁にあります。

悩み人

これは結構ストレスになりそう

私がウォーターサーバーを使わずミルクを作ってみたところ、たいていお湯を入れすぎて熱くなり、それを冷ますために水を入れて、結果ミルクを作りすぎてしまう、という残念なことが多かったです。

分量調整が簡単

一回で作るミルクの量は10mcc単位で誤差なく作らなければなりません。ウォーターサーバーであれば、哺乳瓶の目盛りを見ながら、ゆっくり水とお湯を入れることができるため、毎回正確な分量で作ることができます。

ポットから注ぐ場合、なかなか思ったとおりの分量を入れることができず、かなりストレスです。

すぐ作れる

ウォーターサーバーを使えば、お湯を用意する時間が短縮されるので、ミルクをすぐ作ることができます。特に深夜眠い時間帯で、これはかなりのメリットです。
ウォーターサーバーがないと、水を除菌するため一度沸騰させて、それを冷ましたものと、熱いもの両方を用意しないとダメなので、結構手間と時間がかかります。

らいし

お腹が空いている赤ちゃんは待ってくれません。

火傷しない

沸騰させたお湯をポットから入口の狭い哺乳瓶に直接入れると、結構こぼれたりして、火傷する恐れがあります。

ウォーターサーバーであれば、入口の狭い哺乳瓶でもお湯を注ぎやすい ので、火傷の心配はありません。不器用な私は結構こんなシーンがありました。ポットからお湯を沸かすとめちゃくちゃ熱くなっているので本当に危ないです。

私が実際にウォーターサーバーを利用して感じた最大のメリットは以上です。
対してデメリットは以下が挙げられるため、これらを考慮したうえで利用を考える必要があります。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーには次のようなデメリットがあります。

  • 毎月3000円~4500円ぐらい費用がかかる(普通に水をかうより当然高い)
  • ウォーターサーバーを設置するのに、場所をとる
  • 水交換の際、重いボトルを取り替えるに少し力がいる

如何せん目立つのは費用 です。

ウォーターサーバとスーパーの水との費用比較

項目500mLあたりの費用計算根拠
ウォーターサーバ約80円24L=約4,000円
スーパーの水約25円2L=約100円
らいし

スーパーの水を比べると約3倍以上の費用になります。

よって次のことを守りましょう。

赤ちゃんがミルクを卒業したら、ウォーターサーバーは解約しましょう

あくまでウォーターサーバーは「赤ちゃんのために利用する」と最初から割り切っておくのがポイントです。

ウォーターサーバーを選ぶ場合は価格重視で

 

数あるウォーターサーバーサービスからどれを選ぶか?についてですが、やはり価格重視 で行きましょう。

富士山とか京都産とか産地によって、価格は変動しているイメージですが、結局どれも清水なので味で違いは感じることは難しいです。どのお水でも赤ちゃんは美味しく飲んでくれるでしょう

ウォーターサーバーのサービスはたくさんあり、日々激しい価格競争がされています。
私が利用していたのは当時一番安かったコスモウォーターでした。
今ではワンウェイウォーターが最安値のようです。

価格.com ウォーターサーバー比較 安い順ランキング (kakaku.com)

価格以外のチェックポイント

また価格以外のポイントとして、次の項目が満足していることもチェックしておきましょう。

  • ボトル取替部は下部にあって、取り替えやすそうか
    →ボトルは重いので取替は結構大変
  • 配送間隔は1か月に1回に指定できるか
    →そんなに消費しないので、1ヶ月に1回で十分
  • 配送スキップが可能か
    →意外に余ります。消費量に応じて、次の配送をスキップしたいシーンが結構あります。

今回は以上になります。
子育ては安らぐ時間がないほど大変なことです。夫婦協力して育てるのは当然なことですが、それでもお互い心身ともに苦労します。そこで少しでも育児が効率的になるアイテムとして、今回ウォーターサーバーを紹介しましたので、是非参考にしてください。