転職

思ったより転職が有利にならなかった残念資格2選【サーバ/ネットワークSE向】

転職有利にならなかった残念資格
悩み人

取得する資格はちゃんと転職に役立つものがいいな

みなさん「資格」は積極的に取得していますか?資格は自身のスキル向上、現職場への自己啓発アピール以外に、転職時に採用担当から高評価・好印象を受けやすくなるメリットがあります。資格は内定率をアップさせる大切なツールです。

しかし頑張って資格を取得しても転職時に意外に活躍しないものがあります。今回はサーバ/ネットワークシステムエンジニア向けに私が実際に転職の際にあまり役立たなかったと感じた資格を3つ紹介したいと思います。このランキングは私の経験から勝手に格付けしたものなのでご了承ください。

この記事はこんな方に読んでほしい
  • 「せっかく頑張って資格取得したのにあまり効果がなかった」なんてことにならないようにしたい
  • 将来の転職を意識した資格取得計画を立てようとしている
この記事からわかること
  • サーバ/ネットワークシステムエンジニア職において、あまり転職が有利にならなかった資格がわかります
  • 今後あなたが考える資格取得計画の参考になります。
らいし

中にはめちゃくちゃ勉強を頑張ったのに、前職場含め一度もそのことに触れられたことがない資格もあります

この記事はサーバ/ネットワークシステムエンジニア向けになります。他の分野・職種、同じシステムエンジニアでもプログラマーやWebデザイナー等にはあまり参考にならない記事であることをご了承ください

私が転職活動の際、有利に運ぶことができた資格に関しては別記事「転職を有利に運ぶおすすめ資格ランキングTOP3【サーバ/ネットワークSE向】」で紹介しています。是非こちらもごご覧ください。

転職おすすめ資格 サーバネットワークSE向
転職を有利に運ぶおすすめ資格ランキングTOP3【サーバ/ネットワークSE向】転職活動向け資格取得を検討中の方必見!この記事では、転職活動に役立ったサーバ/ネットワークSE向資格を紹介しています。資格は数が多ければいいわけではありません。この記事を読めば、実際に転職を経験した私の体験談がわかり、資格取得計画の参考になります。...

転職が有利に働かない資格とは

ここでいう転職が有利に働かない資格とは次の3つで整理します。

  • 問われるスキルレベルが低すぎる
  • 知名度が低い
  • 勉強しにくい

問われるスキルレベルが低すぎる

資格をたくさん持つことはマイナスになることはないのですが、必要スキルの低い資格は持っていても、採用担当は「ふ~ん」で終わりスルーされることか多いでしょう。そのような資格取得に費やす時間は、はっきり言って時間の無駄 です。

転職を検討している方は、普通のサラリーマンより、「今を過ごす時間 」というものは貴重で、とても大事なものになります。

らいし

時間は有限なので、ちゃんと目的を考え、効果、意味のある資格取得計画を立てましょう

知名度が低い

あまりにマニアックな資格だと、それがどれだけ凄い資格なのか採用担当もわからず、結果スルーされてしまいます。

一般的な企業に認知され、かつ、実践に活かせる資格のほうが採用担当は評価してくれやすいです。

勉強しにくい

例え評価される資格だったとしても、効率的な勉強方法があまりない資格 は、時間効率を考慮すると取得候補から排除したほうが無難です。

社会人を継続しながら資格を取得する場合、最大の課題は勉強時間の確保です。限られた時間で効率的に勉強しなければなりません。

今では参考書だけでなく、ウェブサイト やYouTube を用いて無料で学習できます。

これらのツールで学習できない資格は現代にとって非常に勉強がしづらい資格と言えるでしょう。

思ったより転職が有利にならなかった残念資格2選

それでは前置きはここまでにして、本題の思ったより内転職が有利にならなかった残念資格を2つ紹介していきます。次のとおり各評価項目を設定し、点数をつけてみました。

評価項目
  • スキルレベル
  • 知名度
  • 勉強のしやすさ

その1:電気通信主任技術者試験(伝送交換)

公式サイト:電気通信国家試験センター | 電気通信主任技術者トップページ (dekyo.or.jp)

電気通信主任技術者試験(伝送交換)は日本データ通信協会が主催する国家資格試験です。以下が資格の概要の引用になります。

引用:電気通信国家試験センター | 電気通信主任技術者とは? (dekyo.or.jp)

CCNA等でも問われるレイヤ2、レイヤ3、セキュリティといった知識に加え、光ファイバ伝送、音声/映像伝送技術、ディジタル伝送技術、電源設備等といったなかなかマニアックな知識や保全、監督、管理、法規に関する知識も問われます。

らいし

私が今まで取得した資格の中で断トツで難しかった資格なのに、転職活動時どころか、前職場在籍中でもこの資格取得について誰かから聞かれたことがなく、本当に役に立ったかイマイチ実感がない資格です

残念ポイント

この資格取得を支援する参考書、ウェブサイトが非常に乏しいです

この資格は、「この参考書やウェブサイトさえ抑えれば合格できる」といったような、バイブルのような勉強方法がありません

この資格はスキルレベル的には比較的上位に位置する資格であり、職場によっては評価されるかもしれないため、全くダメとは言えませんが、如何せん勉強のしにくさが際立つ資格であり、なかなか内容もマニアックですので、このような評価となりました。

その2:ITパスポート試験

公式サイト:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:ITパスポート試験

IPA(情報処理推進機構)の超入門レベル に相当する国家資格です。ITに関する知識について、全ての社会人が共通的に必要なレベルを問われます。企業に対しても知名度が高く、大学生や高校生等学生さん達に人気の資格です。

残念ポイント

この資格は、転職・中途採用を目的とするにはスキルレベルが低すぎます

新卒者にはこの資格は有益なものかもしれません。これからチャレンジするITシステムエンジニアがどのようなものか感触を知っておくという意味であれば、難易度や受験費用も丁度良いレベルです。

しかし転職者・中途採用者に対しては、はっきり言って、この資格を取っても時間の無駄だと思います。この資格はシステムエンジニアに関わらず社会人として誰でも必要なスキル なので、ライバルである他の応募者との差別化は図れないでしょう。

らいし

転職のため、この資格の取得を目指すぐらいなら、最初から「基本情報技術者試験」取得を目指しましょう

まとめ

転職が有利に働かない資格とは
  1. 保有資格が応募要件にある求人に応募できる問われるスキルレベルが低すぎる
  2. 知名度が低い
  3. 勉強しにくい
思ったより転職が有利にならなかった残念資格
  1. その1:電気通信主任技術者試験(伝送交換)
    →とても勉強しにくい
  2. その2:ITパスポート試験
    →スキルレベルが低すぎる

今回は以上になります。今回は私が実際に資格を取得した/取得しようとしたものにスポットを当てましたが、他にもたくさん資格があります。転職活動を有利にするための資格取得計画を立てようとする際は、是非本当に役立つものかを十分検討されたうえで計画を立ててみてはいかがでしょうか。