転職

苦手な上司と上手く付き合える見直べき3つのポイント|鬱から脱出した体験談

苦手な上司と 上手く付き合う方法
悩み人

上司と付き合うのが苦手だなあ

今日はサラリーマンの最大の悩みである、苦手な上司と上手く付き合う方法をご紹介したいと思います。上司との人間関係が上手くいかず、精神的に苦労することはほとんどの方に当てはまるでしょう。中には上司との人間関係が原因で転職を考える人もいるでしょう。

しかし早々に転職を決意する前に、一度付き合い方を見直してみてはどうでしょう。

今回お伝えする付き合い方を実践し、少しでも皆さんの精神的負担が緩和できれば嬉しいです。

この記事はこんな方に読んでほしい
  • 苦手な上司がいてストレスがたまっている
  • 上司との付き合う方がわからない
この記事からわかること
  • 苦手な上司との付き合い方がわかります
  • 上司との関係でストレスがたまりづらくなります
らいし

私は鬱になる一歩手前まで一度は追い込まれましたが、この付き合い方で苦手な上司がいる職場で数年過ごすことができましたた

見直すべき3つのポイント

苦手な上司と上手く付き合うには、次の3つのポイントを見直してください。

自身の仕事中の振る舞い
上司との距離感
ストレス発散方法

では、1つずつ解説していきます。

①自身の仕事中の振る舞いを見直す

自分の仕事中の振る舞いが相手に嫌がられているようなことをしていないか 、振り返ってください。

相手(上司)があなたのことを嫌な接し方をする理由は自分自身にある可能性があります 。相手を責める前に自分が相手に嫌がられるようなことをしているようでは、解決は難しいでしょう。特に振り返ってほしい点は次の2つです。

  1. ホウ・レン・ソウができているか確認する
  2. 結論から言う

ホウ・レン・ソウができているか確認する

ホウ・レン・ソウとは、報告、連絡、相談 のことです。

仕事はチームで成果をあげることが基本で、あなた1人で仕事をしているわけではないです。あなたの成功はチームの成功、あなたの失敗はチームの失敗です。そして成果をあげるためには上司と進捗の共有 が必要です。

  • あなたの進捗は上司にきちんと共有できていますか?
  • 進捗が芳しくない時きちんと相談できていますか?

進捗を共有できないていないと上司はフォローしようにもできません。進捗を共有することは部下の義務であり、これができていないのであれば上司から冷たい対応を取られても文句を言える立場ではない です。

結論から言う

何か上司と会話する時は結論→理由の順番で言いましょう。たとえそれがネガティブな報告になったとしてもです。

これは会話の基本で、話下手な人に最もありがちなパターンです。何を話すにしても結論から話さないと、聞き手が何を喋ろうとしているのか理解できず、イライラしてしまいます。

上司:例の〇〇部門からのニーズ対応について、あれからどうなったの?

自分:
【結論】まだニーズ集約途中であり、スケジュール化ができていません。
【理由】当初想定していたニーズよりさらに改善を求めるニーズが出てきたため、要件整理に苦慮しております。

らいし

たとえネガティブな報告でもキチッと結論から会話できていますね職場での円満退社へ繋げることができました

上司:例の〇〇部門からのニーズ対応について、あれからどうなったの?

自分:
【理由】最近、当初想定していたニーズよりさらに改善を求めるニーズが出てきました。要件がたくさんあり、整理に苦慮しております。

上司:で、どうなっているの?

自分:
【結論】はい、まだニーズ集約途中であり、スケジュール化ができていません。

「理由」を先にしゃべってしまい、言い訳から入っているように聞こえます。これでは上司もイラっとしてしまうでしょう

普段のコミュニケーション方法を改善することは、上司と長く付き合う一番のコツです。

②上司との距離感を見直す

上司と無理して距離を縮める必要はありません

自分の立ち振舞いを見直したら、次はその上司との距離感をどうするか見直しましょう。
人間誰とでも仲良く接することはできません。あなたの苦手な上司は恐らく考え方・性格・趣味等一切合わない人でしょう。そんな上司と無理して距離を縮める必要はない と私は思います。そこで次の2つを心がけてください。

  1. 仕事のこと以外でこちらからは話しかけない
  2. 無理して飲み会に行かない

仕事のこと以外でこちらからは話しかけない

あなたはその上司と仕事以外の話をしなくて良いです。日常の会話は最低限に止めましょう。

無理して相手の気に入りそうな話題を振ったり、趣味を合わしたりするのはあなたにとって、精神的にとても負担になります。

らいし

大事なのは、人間誰とでも仲良くすることはできないことを悟ることです

無理して飲み会に行かない

もし苦手な上司が飲み好きであれば、の飲み会にはできるだけ参加しないようにしましょう。

こんな時代にも拘らず未だに飲み会を強制するような風習があります。飲み会は仕事ではないので、嫌いな人がいる飲み会には無理して参加すべきではないです。

お金を払ってストレスをためるなんて絶対にやってはいけないことです。

周りの空気に流されず断る勇気を出しましょう。

らいし

私は10年以上サラリーマンを経験していますが、性格の合わない、尊敬できない上司との飲み会で得られる親睦なんて、ほとんどなかったです

③ストレス発散方法を見直す

休日も仕事のことを考えて、モヤモヤすことはありませんか?自身の立ち振舞、上司との距離感を見直してもやはりストレスはたまるものです。これはその部署に勤めている以上避けることは難しいです。

そこでストレスの発散方法を見直しましょう。ストレス発散方法は次の3つを実践してみてください。

  1. 運動する
  2. 旅行する
  3. 誰かに話す

運動する

サラリーマンは普段から運動をしない傾向になりがちです。汗をかくと充実感や達成感、睡眠促進等の効果があり、仕事のことを忘れることができるでしょう。

おすすめの運動方

  • 軽めのジョギングや散歩
  • スポーツジムに通う
  • 家での運動であればトランポリン

旅行する

いつもと同じ毎日を過ごすと人はどんどん活力を失っていきます。そこで休日は普段見ることができない風景が見れる旅行に行きましょう。

特に自然と触れるのが良いです。非日常的な風景を楽しむことで心が穏やかになっていきます。

おすすめの旅行先

  • 山や川等、自然と触れることができる場所
  • 遠くの景色が見れる高台やタワーがある場所
  • 海や川をのんびり楽しめる観光船
らいし

遠出が難しければ、近くの川や海にただ行くのも良いです

誰かに話す

人は悩みを誰かに話すだけで気持ちが晴れやかになります。みを直接的に解決できなくても、共有するだけで安心した気持ちになるものです。

悩みを打ち明ける相手

  • 家族(配偶者や親)
  • 信頼できる友人
  • SNS(Twitter等)

ここまで頑張ったがそれでも改善しない方は?

これら見直すべきポイントを実践したけど、それでも上司との関係は改善せず、ストレスも溜まっていると実感している方は転職が頭をよぎるかもしれません。

転職すべきかどうかの判断基準や転職のメリット・デメリットについて、別記事「システムエンジニアが転職すべきかを判断する3つの要素×3つの基準」と「転職のメリットとデメリット|転職経験者が感じたそれぞれ5つの要素」を参考にしていただき、十分に検討したうえで本当に転職するかどうか決意しましょう。

転職すべきか判断する3つの要素・3つの基準
システムエンジニアが転職すべきかを判断する3つの要素×3つの基準転職すべきかどうかでお悩みの方必見!この記事では、転職すべきかを判断する要素とその基準を紹介しています。転職を1つの理由だけで決めようとしていませんか?この記事を読めば、転職経験者の私がたどり着いた転職基準がわかり、本当に自分が転職すべきかの参考になります。...
転職のメリットとデメリット
転職のメリットとデメリット|SEである私が転職して感じたそれぞれ5つの要素転職しようか考えている方必見!この記事では実際に転職を経験した私が感じたメリット・デメリットを紹介しています。これを理解せずに転職を決意するのは危険ですよ。この記事を読めば、転職により何が得られて、何がリスクとして存在するか明確にわかります。...

まとめ

苦手な上司と上手く付き合うには、次のことをを見直してください。

今回は以上になります。
私の前職場の上司もまるで殿様のような自己中心的な人で、大変苦労しました。私も今回紹介したポイントの見直しを実践し、なんとか過ごしてきました。特に「結論から言う」と「運動する」 は効果を感じました。皆様も是非参考にしてみてください。