転職

とりあえずの求人応募はアリ!|3つのメリットと唯一のデメリット

とりあえずの求人応募 メリットデメリット
悩み人

自分のやりたい仕事が見つかったけど、まだ今の仕事辞める決意がついていない~

転職活動始めてもいいのかな?

今回はこのような疑問をお答えします!

本記事の内容
  • 転職するかどうか決めていない方が転職活動のため、とりあえず求人応募をしても良いかお伝えします
プロフィール画像

【この記事を書いた人】
らいし

30代システムエンジニア
 インフラ系企業SV/NW/社内SE経験
資格:応用情報,基本情報,CCNP,CCNA等
13年勤めた超大企業からの転職を経験

今回は転職するかどうか完全には決めていないけど、求人応募してもいいのか!?という疑問にお答えしたいと思います。

「転職を心に決めていないけど、興味のある求人を見つけた。さてどうしようか?」という方は多いと思います。
ぜひ参考にしていただければと思います。

らいし

私も同じ悩みがありました・・・

とりあえずの応募はアリ!ただし、納得できる求人のみ応募すること

では早速結論ですが、

とりあえず求人応募しておくという判断はアリ です。

その理由についてですが、デメリットがほとんどなく、メリットのほうが大きい からです。

ただし1つだけ絶対に守ってほしいことがあります。

本当に自分が納得できる求人だけに応募してください。

「なんとなく今の職場よりマシそう」といった理由でのエントリーは絶対にやめてください。100%後悔します。

なぜ後悔するかと言うと、目標や決意がブレた状態でその仕事に就くと、また不満を感じ、転職したいと思うでしょう。そうならないために、別記事「転職すべきかを判断する3つの要素×3つの基準」で紹介する転職判断基準を確認し、自分の転職希望先が本当に自分のためになるかを考えるのも良いでしょう。

転職すべきか判断する3つの要素・3つの基準
システムエンジニアが転職すべきかを判断する3つの要素×3つの基準転職すべきかどうかでお悩みの方必見!この記事では、転職すべきかを判断する要素とその基準を紹介しています。転職を1つの理由だけで決めようとしていませんか?この記事を読めば、転職経験者の私がたどり着いた転職基準がわかり、本当に自分が転職すべきかの参考になります。...

とりあえずの求人応募の3つのメリット

とりあえず求人応募だけしておく行為について3つのメリットがあります。
1つずつ解説していきます。

メリット1:やっぱり嫌なら辞退できる

実は転職・就活者の中には、審査途中段階や内定後でも辞退する方が意外と多い です。理由は次のようなものがあり、様々です。

意外と途中辞退者は多いので、相手企業に申し訳ないとか思う必要はありません。
途中で気が変わって辞退したかったら遠慮なく辞退してください。

ちょっともったいないと感じるかもしれませんが、自分が納得していないのなら、辞退も1つの選択肢 です。

リスクなく辞退できるのはメリットの1つと言えるでしょう。

避けるべきは自分が望む求人の募集期間を逃すこと です。

求人応募してから内定まで約3ヶ月ぐらい期間があります。
試験を受けながら本当に転職すべきかを考えれば良いのです。

悩んでいる間に他の内定者が決まり、数か月後にはその求人がなくなる場合もあります。

らいし

善は急げです

メリット2:不合格でも経験値が上がる

なかなか一回の応募で見事で内定を獲得できない方も多いです。

不合格の理由の大半は「経験が足りなかった 」ことでしょう。

不合格理由の例
  • エントリーシート・履歴書の書き方がまずかった。
  • 筆記試験で勉強方法・問題の解き方・時間配分を誤った
  • 論文がうまく書けなかった
  • 面接でうまくしゃべれなかった

これらは場数を踏めば、どんどん精度・品質が上がります。

落ちても次の就職活動にその失敗を活かそうという前向きな気持ちで転職活動をしましょう。 

らいし

経験はお金では買うことができません

メリット3: 費用がかからない

求人応募には費用がかかりません。

転職活動を通して、発生する費用はせいぜい試験会場までの電車賃や筆記試験対策の参考書等といった微々たるものぐらいでしょう。

お金を失うリスクがないのであれば

ローリスクハイリターンの人生投資

とも捉えれることができます。

らいし

そんな投資先があるのだったら、投資するの一択ですね

唯一のデメリット:途中辞退・不合格だった場合、その求人応募に費やした時間が無駄になる。

悩み人

転職活動って結構大変で時間が割くんじゃない?

はい。転職活動は忙しく様々なことに時間を費やします。

転職活動における代表的な浪費時間
  • エントリシート・履歴書の作成時間
  • 試験を受けるため電車等で移動時間
  • 各試験の受験時間
  • 面接試験のため1週間以上の練習時間

仕事をしながら転職活動は体力的にも少々しんどいです。

休日返上で転職活動をすることになるので、途中辞退・不合格で結果に結びつかなった場合、費やした時間が失われるという考え方があります。

これが唯一のデメリットと言えるでしょう。

らいし

しかしメリットでも記載したとおり、これを経験と捉えれば、このデメリットもないようなものと考えることができます

まとめ:納得する求人ならとりあえず応募!

とりあえずの応募はアリ!ただし、納得できる求人のみ応募すること。

3つのメリット
  1. やっぱり嫌なら辞退できる
  2. 不合格でも経験値が上がる
  3. 費用がかからない
唯一のデメリット
  1. ・途中辞退・不合格だった場合、その求人に費やした時間が無駄になる。
    →しかし経験と捉えれば、デメリットではないと考えることもできる

今回は以上になります。私も本当に転職するかどうか決心していない状況でしたが、自分が望む求人をたまたま見つけました。その申し込み期限がなんと3日後だったので、「これを逃すと一生転職のチャンスがないかも」と焦りを感じ、徹夜でエントリーシートを作成し、応募しました。

善は急げです。ぜひ、とりあえずの応募を実践してみましょう。

最初にも言いましたが、これだけは守ってください。転職するかどうか悩んでいる状況でしたら、絶対に自分が納得できる求人にだけ応募してください。 動機が不純な仕事は絶対にあとから後悔します。