資産形成

無理せず支出を抑える効率的な節約方法7選|これだけで年間80万円貯蓄できる!

効率的な節約方法7選
悩み人

なかなかお金が貯まらないわ

皆さん貯蓄はありますか?

人生100年時代、老後資金は2,000万円用意しないとダメと言われています。国の年金制度や医療制度だけでは生活はキツイです。
また子供の養育費や車や家等生きていくうえで大きな支出度々発生します。
これらを乗り切るためには相当額の貯蓄が必要で、できるだけ早くから準備しなければなりません。

今回は無理せず、安定した貯蓄を実現するため、日々の支出の抑える効率的な節約方法を紹介します。

この記事はこんな方に読んでほしい
  • お金がなかなか貯まらない
  • 何から支出を抑えるかわからない
この記事からわかること
  • 無理せず、効率的なお金の貯め方がわかります
  • 何の支出を抑えるべきかがわかります
らいし

私はこの方法で、年間80万円近く節約できており、確実に貯金ができています

投資を始める前にまずは支出を抑えよう

収入を増やすより、支出を減らすほうがずっと簡単です

「お金がほしい!貯めたい!」と思って、真っ先に投資や副業にチャレンジする人はいませんか?ちょっと待って下さい。これより先にやることがあります。

それは支出を抑える「節約 」です。

投資や副業で安定的に毎月1万円儲けるより毎月2万円支出を抑えるほうがずっと簡単です。

その理由は投資や副業で収益を増やすことは実力や運等に左右され確約されないが、節約による支出の減少はちゃんと取り組めば確約できる からです。

らいし

お金を貯めたかったら、まずは取り組みやすい節約から行いましょう

生活を我慢する節約はやめよう

生活を苦しめるような無理した光熱費の節約を優先的に取り組むのはやめましょう

これから紹介する節約方法は固定費削減や辞めることが苦にならない浪費を削減する方法になります。
先に言っておきたいのが、生活を苦しめるような無理した光熱費の節約を優先的に取り組むのはやめましょう。

  • 質素なご飯ばかり食べる
  • 水道使用量を過敏にケチる
  • 暑い中クーラーをかけない
  • 冷蔵庫を数秒でも開ける時間を短くする

理由は我慢して頑張った割に対して節約効果が出ない からです。
お金を節約した分、自分の生活を苦しめているのでは長続きしないし、人生を豊かに過ごせません。今回紹介するのは生活の質を下げずに節約できる方法に絞っています。

無理せず支出を抑える効率的な7つの節約方法

では、本題です。どのような節約をするべきですが、次を7つを実践してください。大事な順番から列挙します。

  1. ギャンブルをやめる
  2. スマホを格安SIMにする
  3. 保険を見直す
  4. 楽天経済圏に移行する
  5. 会社の飲み会を数を減らす
  6. 大手スーパーではなく、業務用スーパーで買い物する
  7. ブランドの服や靴を買わないようにする

それでは1つずつ解説していきます。

①ギャンブルをやめる

これをやめないと一生お金が貯まりません

ここで言うギャンブルとは一度遊ぶために必要な金額が高くなりがちで、またリターン(還元率)が見込めないジャンルを指し、パチンコ・パチスロ、競馬、競輪、競艇、宝くじ等が対象です。

ギャンブルの還元率

らいし

各ギャンブルのリターン(還元率)はご存じですか?

代表的なギャンブルの還元率として

パチンコ・パチスロ:約80%
競馬:約70%

なんて言われています。

この手のギャンブルは必ずトータルで負ける仕組み となっています。

これらを趣味として日々過ごすにはあまりに支払った金額に対して得られるものが少ないです。特に宝くじなんてヤバイです。ギャンブルっていうか寄付ですね。

私がパチスロと辞めることができた方法

私も昔はパチスロが好きでした。しかし将来を見据え貯金をするため、パチスロを辞めることを決意しましたが、なかなかすぐには辞めることができませんでした。

そこでパチスロを辞める方法でオススメなのが、スマホの有料シミュレーションパチスロアプリでしばらく遊ぶ 、という方法です。

有料アプリは安いもので300円ぐらい、高いものでも2000円ぐらいです。一回パチ屋に行ったら溶ける金よりよっぽど少ないです。

パチンコ・パチスロは貯金を目指す人にとって本当に最悪の趣味です。別記事「貯金したければパチンコ/パチスロは今すぐ辞めなさい|辞めるための3つの行動」にて辞めるための方法をさらに詳しく紹介していますのでぜひこちらもご覧ください。

貯金したければパチンコ/パチスロは今すぐ辞めなさい|辞めるための3つの行動パチンコ・パチスロを辞めたい方必見!この記事ではパチンコ・パチスロは貯金をしたい人にとってどれだけ最悪な趣味であるか、またその辞め方を紹介しています。ギャンブルをやっている人は絶対に貯金はできません。一生お金持ちになれません。この記事を読めば、辞めるための第一歩を踏み出すことができます。...

②スマホを格安SIMにする

楽天モバイルやLINEモバイル等の格安SIMに乗り換えを検討しましょう

皆様スマホは昔契約した大手キャリアのプランのまま利用していませんか?
ある人は対して利用していないのに、月額8000円近く払っていると聞きます。

今の時代スマホ代は格安SIMにすると月額1000円~3000円程度に抑えることができます。しかもプランによっては通話料無料、しかもデータ通信速度も気になるほど遅くない。メリットだらけです。

楽天モバイルがおすすめ

私のおすすめの格安SIMは楽天モバイル です。

メリット
・データ利用量に応じた課金(0円~2980円)
・通話料無料
・楽天市場SPU(スーパーポイントアッププログラム)+1倍

今まで使っていた他キャリアと比較して、データ通信が遅くなったとか電話が繋がりにくいとかのデメリットは特に感じておりません。

③保険を見直す

皆さん保険屋に言われたまま何も自分で評価せず保険を契約していませんか?

保険は何か有事の際、金銭的に自分の生活を困窮させないためにあります。

今あなたは医療保険により一回の通院や入院で20万円支給される契約がなかったら生活は困窮しますか?

そうやって1つ1つ今契約している保険の必要性を考え、さらにインターネット等で多角的な情報も取り入れつつ、保険を継続するかどうか判断しましょう。

真っ先に見直すべき保険

真っ先に見直す候補は以下です。

  • 医療保険
  • 積立型の生命保険
  • 個人年金 

例えば個人年金は解約することで損益が出たとしても、その貯蓄してきたお金を今もっと他の有意義なことに使えば、解約する価値あります。

私は個人年金を解約したことにより、約10万円の損失が出てしまいましたが、その分、投資信託等の投資にあてています。

保険の見直し方法については別記事「新社会人は生命保険、医療保険、個人年金保険に加入不要|失敗談が語る理由と本当に必要なタイミング」で紹介していますので興味のある方は是非ご覧ください。

新社会人は保険加入不要
新社会人は生命保険、医療保険、個人年金保険に加入不要|失敗談が語る理由と本当に必要なタイミング新社会人の方必見!この記事では新社会人には生命保険、医療保険、個人年金保険がなぜ不要なのかを質問形式で解説しています。皆さん保険屋の方に勧誘されていませんか?この記事を読めば、私の失敗談をもとに、なぜこれら保険が不要なのかがわかります。...

④楽天経済圏に移行する

楽天市場や楽天カード等、色んな楽天サービスを利用しましょう

私が楽天サービスの利用をおすすめする理由は次のとおりです。

  • 色んなサービスを利用することにより、ポイントが非常に貯まりやすくなる
  • ポイントでの買い物は、利用可能範囲が広い

特に意識したいのが各サービスを利用することにより、楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)の倍率を上げること です。

絶対利用すべき楽天サービス

具体的には次のサービスを利用することをオススメします。オススメ度が高い順に紹介します。

楽天市場

オススメ度:

  • 他の楽天サービスを利用することでSPUがアップ
  • ふるさと納税 で節税の恩恵と楽天ポイントダブルでゲット
  • 不定期開催のお買い物マラソン、楽天スーパーセール、5と0の付く日の2倍UP をフル活用して通常より楽天ポイント10倍以上でお買い物
  • そもそも商品も安い。Amazonと比較しながら欲しいものを購入。
楽天カード

オススメ度:

  • 楽天市場SPU+1倍
  • 普段のお買い物をクレジットカード払いで1%ポイントGET
楽天銀行

オススメ度:

  • 楽天市場SPU+1倍
  • ATM、振込 月5回以上無料 条件あり
  • 楽天証券と連携することで年利0.1% (銀行業界ではかなり高い年利)
楽天モバイル

オススメ度:

  • 楽天市場SPU+1倍
  • データ利用量に応じた課金(0円~2980円)
  • 通話料無料

(詳細は先程解説したものの再掲)

楽天ペイ

オススメ度:

  • 楽天カードからのチャージで0.5%ポイント還元
  • 多くのコンビニやお店で決済可能
  • 普段の買い物の支払いは、貯めた楽天ポイントを使えるので非常にオススメ
楽天証券

オススメ度:

  • 楽天市場SPU+1倍
  • 楽天証券と連携することで年利0.1%(銀行業界ではかなり高い年利)
  • 売買手数料も業界トップクラス
  • これから投資を始める際は、楽天経済圏に移行したうえで、こちらがおすすめ
  • クレジット積み立てで投資額の1%を楽天ポイントに還元
楽天トラベル

オススメ度:

  • 旅行を予約した月は楽天市場SPU+1倍
楽天ビューティ

オススメ度:

  • 美容室を利用した月は楽天市場SPU+1倍

これらサービス利用により、楽天ポイントがみるみる貯まり、それで別の買い物したりすることで結果的に節約に繋がります。

らいし

私はこれらサービスを使っていて、年間約3万ポイントはもらえています

他にも楽天ひかりや楽天コボ等、ポイントアップにつながる楽天サービスはありますが、これは自分の生活環境等を考え利用するかどうか決めましょう

⑤会社の飲み会を減らす

  • 会社の飲み会には参加しない、もしくは参加数を減らす
  • 二次会には参加しない

居酒屋は何もかもが高いです。

家で飲んだら1000円ぐらいのお酒とつまみが、居酒屋では3000円ぐらい取られます。会社の飲み会は頻度が多かったり、二次会に連れていかれるとさらに多くのお金を支払うことになり、貯蓄とは正反対の性質です。

飲み会を断ると上司の評価は落ちない?

飲み会を断ると上司から付き合いが悪いと思われ、仕事にも影響するのでは?と心配する方もいるでしょう。そんなこと思わず、行きたくなければ遠慮断ってください。

飲み会は強制ではありません。参加しないぐらいで評価を落とそうとする上司なんて人間的にも付き合う必要なしです。

イヤイヤ参加し、さらには自分のお金を払う。

貯蓄を目指し豊かな人生を送りたいなら、絶対にこういったことは辞めましょう。

⑥業務用スーパーで買い物する

食材等の消耗品は、できるだけ業務用スーパーで購入しましょう。

イオン等の大手スーパーと業務用スーパーの販売価格を比較すると3割ぐらい安い印象です。 毎週、毎日買い物を繰り返すと相当な金額の差が生まれます。

なぜ大手スーパーが高いのかは、広告代、無駄なポイントカード、ブランド代が商品価格に付加されている からです。

業務用スーパーでも楽天等のクレジットカードで支払いができ、そのクレジットカードでポイントを貯めることができます。

こう考えると、あまり大手スーパー専用のポイントカードにはそれほど魅力を感じないですね。
可能な限り業務用スーパーで買い物をしましょう。

自宅から遠すぎる場合は無理して業務用スーパーは利用してなくてOK

近くに業務用スーパーがない人も、無理して、頑張って利用したほうがいいわけではありません。自宅から近くにある方のみ実践してください。

業務用スーパーが遠くにある方はわざわざ車で時間をかけてまで行く必要はありません。そのほうが非効率です。

目安として最寄りのスーパーより30分以上 遠ければあまり無理して業務用スーパーを利用しなくてよいです。

⑦ブランドの服や靴を買わないようにする

自分用の服や靴はブランド物を買わない ようにしましょう。またできるだけ買う数も減らしましょう。

服や靴はは安いものと高いもので値段の幅な大きいです。

しかし皆さん考えてみてください。他人の服装や靴を見て、高そうなものだから、特別カッコいい、カワイイと感じることは多いですか?

相手の印象は、人間の心理上、基本は顔を見て判断します。

そう思うと服装は安くても上手に着こなせば良く、それほどお金をかけてまでブランドに拘る必要性がないことに気づきます。

服装にお金かけるぐらいなら、美容室や化粧品にお金をかけたほうがよっぽどマシです。

らいし

私は服をほとんど買いません。靴もアマゾンや楽天で2000円以下のものを買います。それでも別に不便だと思ったことや高いもののほうが良かったと感じたことは今までありません。

実際に私が年間どれだけ節約できたか

私もこれらを節約術を実践しました。実際に私が年間どれだけ節約できたか紹介いたします。(算出額はおおよそな部分がありますのでご了承ください)

項目節約額(月)説明
ギャンブルをやめる20,000円一時期、パチスロを週1回以上は行っていました。平均20,000円ぐらいは負けていました。
スマホを格安SIMにする3,000円某大手キャリア利用で毎月約5,000円の支払いから楽天モバイルに変更し、今では毎月約1,000円程度の支払いに(差額:3,000円)
保険を見直す15,000円・民間の生命保険解約し、勤め先の共済に変更。
・医療保険掛け金減額
・個人年金の解約  等
毎月約20,000円→約5000円(差額:15,000円)
楽天経済圏に移行する2,500円(ポイント)楽天市場利用等で年間30,000ポイント貯めている。(月平均2,500ポイント)
会社の飲み会を数を減らす8,000円毎月平均10,000円出費の飲み会参加を辞めて、平日は家飲み(毎月2000円程度)に変更 (差額:8,000円)
業務用スーパーで買い物する15,000円1か月にかかる家族(夫婦+子供1)分におけるスーパーで購入する食費平均約50,000円が3割減→35,000円(差額:15,000円)
ブランドの服や靴を買わないようにする3,000円季節の変わり目毎に平均10,000円の私服代×4回 →年間で1着約5,000円程度の服しか購入せず。あとは古着で過ごす(月平均:約3,000円の節約)
合計(月)65,500円
合計(年間)789,000円

まとめ

投資を始める前にまずは支出を抑えよう
・節約による支出の減少はちゃんと取り組めば確約できます

生活を我慢する節約はやめよう
・生活を苦しめるような無理した光熱費の節約を優先的に取り組むのはやめましょう。
・我慢して頑張った割に対して節約効果が出ない。

次を7つを実践してください。

  1. ギャンブルをやめる
  2. スマホを格安SIMにする
  3. 保険を見直す
  4. 楽天経済圏に移行する
  5. 会社の飲み会を数を減らす
  6. 大手スーパーではなく、業務用スーパーで買い物する
  7. ブランドの服や靴を買わないようにする

実際に私は年間約80万円節約できました。

今回は以上になります。
貯金したい!という方はこれら節約術を今すぐ実行していきましょう。開始する時期が早ければ早いほどその分効果を生みます。
ぜひ参考にしてみてください。