生活アイテム

忙しい人向け効率良くブログをライティングする方法|隙間時間でSimplenoteを使いこなせ

忙しい人向効率良くブログをライティングする方法
悩み人

ブログ書きたいけどなかなか時間が取れない

今回は日々の仕事が忙しく、ブログのライティング作業に集中できないサラリーマンの方にオススメする効率的なライティング方法を紹介します。
キーワードは隙間時間の有効活用 です。
本業に影響しないよう無理せず、少ない隙間時間をどうやって活かせるか、私が色々試して、たどり着いた方法になります。

この記事はこんな方に読んでほしい
  • 普段忙しくてブログをライティングする時間がなく、ブログ更新が捗らない
この記事からわかること
  • 忙しくても効率良くブログをライティングできる方法がわかります
らいし

私はこの方法で、本業をこなしながら、ブログをライティングしています

スマホでブログ記事の大部分をライティングしよう

記事構成検討、ライティングの大部分はスマホで作業をしましょう。
理由は隙間時間を効率良く活用できる ためです。

活用しやすい隙間時間

活用しやすい隙間時間の例

  • 通勤電車内
  • 出張移動時の待ち時間
  • 風呂上がり〜寝るまでのちょっとした寛ぎ時間

これらがブログを書く隙間時間としてオススメです。

日々本業に忙しいサラリーマンには仕事が終わった後、ブログライティングのため、パソコンで作業をする時間と体力はなかなかありません。スマホを活用し、細切れの隙間時間でブログをライティングしていくほうが負担が少なく、継続しやすいです。

らいし

画像の編集や見出し装飾等の仕上げは保存やドラッグ等の細かい操作が必要なので、スマホではなく、パソコンで行いましょう

スマホアプリSimplenoteで記事を書こう

スマホで記事をライティングする際はスマホアプリSimplenote を活用しましょう。

スマホ(GooglePlay):Simplenote

PC版:Simplenote

Simplenoteの特徴

Simplenoteの特徴
  1. 機能がシンプルで操作しやすい
  2. スマホで編集した内容はパソコンでも編集可能
  3. 常に自動保存されているため、急にアプリが落ちてもデータが消えない
  4. 完全無料

特に②「スマホで編集した内容はパソコンでも編集可能 」が優秀です。スマホでブログをライティングするのにうってつけのアプリです。

らいし

私はこのアプリでブログライティング作業のほとんどを行っています

スマホSimplenoteを使ったブログ完成までの流れ

一般的なブログライティング手順の一例を元に解説していきます。

この例でいうと①~⑦までの工程をスマホSimplenoteで作業する と効率的です。

スマホSimplenoteで作業すると効率化になる工程

①記事内容の大まかな構想をイメージ
②検索ヒットさせたいキーワード検討
③読者の悩み(ターゲット)
④記事を読むと解決できること
⑤タイトル
⑥構成、見出し
⑦本文

パソコンで作業するほうが効率化になる工程

⑧装飾(画像選定&編集、太字強調、リンク等)
⑨誤字、表示崩れ等最終チェック

理由は①~⑦の工程は文字を打つ時間より、内容を考えることに時間を費やしがちで、それは隙間時間のほうが良い案が浮かびやすいから です。

ブログのネタや文章検討は机に座ってじっくり考えるより、隙間時間や何か別のことをやっている最中に、良い案や文章が閃いたりするものです。そんな時、素早く開けて書き残せるスマホSimplenoteはやはり便利ですよね。

らいし

日常生活を過ごす中で何か記事にしたい閃きがあり、良い文案が思い付いたら、随時スマホでライティングという癖をつけよう

まとめ

  • スマホでブログ記事の大部分をライティングしよう
    →隙間時間を効率良く活用できる
  • スマホアプリSimplenoteで記事を書こう
Simplenoteの特徴
  1. 機能がシンプルで操作しやすい
  2. スマホで編集した内容はパソコンでも編集可能
  3. 常に自動保存されているため、急にアプリが落ちてもデータが消えない
  4. 完全無料
  • スマホSimplenoteを使ったブログ完成までの流れ
    →①「記事内容の大まかな構想をイメージ」~⑦「本文作成」までの工程をスマホSimplenoteで作業する と効率的です。隙間時間のほうが良い案が浮かびやすい。

今回は以上です。
忙しいサラリーマンがブログを運営するのに立ちはだかる壁はライティング時間の確保です。どれだけ本業を維持しつつ、ブログをライティングするかは隙間時間の有効活用にかかっています。今回の記事が私と同じ境遇にある方の参考になれば幸いです。